スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

インターンシップ 3日目

 今日から生徒との授業が始まりました。この高校の生徒はとても礼儀が良く、とても好感が持てました。それもあり、コミュニケーションはある程度取れたのではないかと思う。

 授業が始まって早速質問をされた。ある程度の質問を予測し、それの回答はどのようにするのか整理しといたので答えられたのではないかと思う。
 しかし、授業の中では予測しないことが良く起きる。質問された内容に戸惑ってしまうケースもあった。私の勉強不足を感じました。分かっているようで分からないことがあるのだなと知り、もっと追及していかなければならないと実感した。

 つまづくと思うケースのところでは、生徒の横にいたり、近くにいて相談がすぐ出来る体制をとることを意識して授業に参加しました。
 もっと気軽に質問できるような環境を作ってあげることは大事であるのでコミュニケーションを積極的にこれからもとっていこうと思う。

 作品を作り終えた後にはいくつかのチームに分かれてデザインの工夫について話し合う時間がありました。その中で工夫点やどのような特徴があると思うなどの発問をし、生徒にどのようなレイアウトが興味を引くのか、見やすいのか知ってもらうことが出来たのではないかと思う。

 その後は、生徒が自分自身のオリジナル作品を作成した。どのようなことに工夫したのか教室を回っていると生徒それぞれ個性があって面白かった。これからの作品作成が楽しみであります。

 作品制作と並行に私たちインターンシップ生は教育実習生から名詞の作成について教わりました。つめつめで書くのではなく、はみ出して作ることにより端っこにちゃんと色が入るなど名詞作成の注意点を知った。

 生徒の授業は終わり私たちは、担当の先生から「Irfan View」や[Pov Ray]というものを教わりました。

 「Irfan View」は画面の取り込みやファイル名の一括変換や画像をモザイクしたりぼかしたり様々な効果をすることが出来るソフトである。
 また主にやった色調補正では、色の3原色の特徴を知れる1番良いものではないかと思うくらいすごいソフトを教えてもらいました。
 早速家でダウンロードしちゃいました。

 次に3DCGソフトの[Pov Ray]を教えてもらいました。これは下の画像などを作ることが出来て、「java」などよりも簡単なプログラムで出来てしまうソフトです。





 様々なことを教わることが出来て、とても充実しています。それらすべてを吸収していければ自分のものに出来るようにしていきたいです。

 楽しい授業の雰囲気を少しでも作れるように私たちが盛り上げていきたいです。
0113236 * - * 23:10 * comments(1) * - * - -

インターンシップ 2日目

 インターンシップ2日目が始まりました。1日目に比べて少し緊張がとけた感じがします。今日の2日目はフェアチラシとメニューの作成を行いました。

クリックで挿入

クリックで挿入

 フェアチラシの作成にあたっては、等幅フォントとプロフェッショナルフォントの違いについて学びました。普段意識して使わないフォントの違いを知り、フォントによって読みやすさが変化することを知りました。
 他にも、インデントの変更や行間値、文字と文字の間隔を狭く、広くするやり方などを学びました。フェアチラシの作成では、たくさん写真を貼ること用いた。
 写真には、それぞれの特徴がある。私から見て左を向いている写真は左には置かない。置くことにより、写真が外を向いてしまい、写真が変な感じになる。
 そのような1つのことなどでレイアウトが変になること知りました。

 メニューの作成では、主に各自で作りました。大体のWord作成が出来るようになったので、スムーズに作ることが出来て良かったです。ショートカットなどをたくさん使う場面があり、使うことの重要性を学んだ。

 今日までWordを使い作成をしてきたが、午後の授業からMicrosoftの印刷を目的とするPublisherというソフトを勉強しました。Publisherは、教育実習生の方に教わりとても分かりやすかった。Wordの機能とほとんど同じでビックリしたし、あまり知られていないものを触れることが出来てよかった。

 そのほかには、サーバーを見学させてもらいました。普段の生活で見る機会がないので驚きました。その後、教室に戻り、生徒のパスワードなどを作らせていただきました。貴重な経験をさせていただきました。

 明日から生徒が来て教えることになる。不安だが今までやってきたことを振り返り、ちゃんと教えることが出来ればよいと思う。生徒がどのような反応を取り、どこでつまづいてしまうかなど生徒を見ることが重要になってくると思う。積極的に生徒とコミュニケーションをとっていきたい。

明日もがんばるぞ!!

0113236 * - * 22:54 * comments(1) * - * - -

インターンシップ 1日目

 本日から10日間のインターンシップが始まりました。一生懸命がんばりたいと思います。

 初日である今日は、Wordを用いて年賀状と案内状の作成をしました。

クリックで挿入

クリックで挿入

 年賀状はテキストボックスを主に用いて作成しました。文字は普通に書くのですが、数字の場合は半角で書き、FontをImpact、Arialとすることなど教わりました。

 作成するにあたって、ショートカットをたくさん知りました。Ctrl+Z、C、Vなどは知っていたがCtrl+A、Sなどの全選択、上書き保存を知りました。このようなショートカットは、なるべくやりように癖付けることが大事である。生徒がやっていなかったらしたほうが良いとアドバイスしてあげることが良いと思う。

 次に、綺麗に見せるためには、グリッドを用いることが重要である。グリッドを用いることによって余白や形などを合わせることができて、読む人に不快に思わせないし読みやすいというのが大事である。
 画像の挿入においては、例えばブランドのマークなど形に規定があったりするので変えてはいけない。拡大縮小は縦横の比を固定することなどして、ベースを崩さないようにする必要があると知った。

 他にも画像の挿入においては、生徒がテキストボックスの中に画像を貼ってしまうことがあるという失敗例をやって指導することなど生徒のことを考える授業をする工夫が大事。まだまだあるが他にも様々なことを知りました。

 案内状は年賀状を作ったときの機能を使うのと他に中央揃えなど見やすくすることを考えた作成が行われました。
 作成の前には、ラフスケッチという下書きみたいなものを作っておくことにより頼まれたものであれば、作る前に確認することが出来て効率が良いし、自分で作る時には、イメージがまとまってから作れるのでとても重要である。
 また、トリミングという画像を切り取る技術も勉強しました。案内状は自分たちのオリジナル課題も作り、どのようなことを書きたいのかという意図を考えて作成しました。色の使い方であったり、文字の大きさ、余白の使い方など一工夫で見た目がすごく変化してくる。そのようなことに気を使ってオリジナル課題を作しましたが難しい。

 他にも様々なことをしました。プリンターの内部を見たり、DVDの作り方、スキャナーでの画像取り込み、ラミネーターなど普段経験することの出来ないことを体験しました。

 今日学んだ基礎を頭に入れ、知っているだけでなく説明できるようにしたい。
0113236 * - * 22:10 * comments(1) * - * - -
このページの先頭へ